Image
ルポファイル Vol.5

乾燥や肌荒れなどの肌トラブルに。

肌の水分を逃がしにくくする
グルコシルセラミドの力

ポーラ化成工業は肌に機能する成分の研究において、米胚芽由来のグルコシルセラミドの摂取により、肌が美しく整えられることを発見しました。毎日摂取することで以下のスキンケア作用が期待できます。
作用 1
摂り始めて4週間で、顔や体の肌から水分が蒸散しにくくなる
(バリア機能が高まる)
作用 2
肌がうるおうことで見た目も改善する
作用1:一般の男女133名を対象とした連用試験の結果、本品の有効性を確認できました。
作用2:また別の連用試験の結果では、約90%もの人が肌の乾燥の改善を実感しました。

代表例

「額」の状態の変化

乾燥による横じわや毛穴が
目立たなくなり、ツヤ肌に。
  • Image

    Before

  • Image

    3ヶ月後

”肌の水分を逃しにくくする”機能を持つ成分、
「米胚芽由来グルコシルセラミド」の力を、詳しく解説します。
INDEX
  1. ”米胚芽由来グルコシルセラミド”とは?
  2. 肌への作用メカニズム
  3. 肌の見た目改善の効果

1

”米胚芽由来グルコシルセラミド”とは?

グルコシルセラミドについて
グルコシルセラミドは、肌のバリア機能を担う重要な成分セラミドの前段階の物質です。セラミドは角層の細胞同士のすき間を埋める成分で、肌内部の水分が蒸発するのを防ぐことでうるおいを保つ働きがあります。しかし、加齢や睡眠不足、ストレスなどで肌のセラミドが減少してしまうと、乾燥や肌トラブルを引き起こすと言われています。
グルコシルセラミドを効率的に
摂取するには
グルコシルセラミドは植物中にも存在しますが、その含有量はわずか0.001~0.002%程度です。また、様々な食材・食品からも摂取できますが、それらに含まれるグルコシルセラミドは純粋な形で存在していないため、体内に吸収されにくく多くは排泄されてしまいます。グルコシルセラミドを体中にしっかり吸収させ肌に届けるには、グルコシルセラミドのみを抽出し摂取することが効率的だと考えます。また、体内から摂取すると肌は自らセラミドを作り出すことが分かっています。そのため、化粧水などで外側からおぎなうこともできますが、体内からセラミドを取り入れることでより効率的に摂取できます。
ポーラ化成工業では、米胚芽からグルコシルセラミドを取り出し、酸化されやすい不純物を取り除いて純度を高めたものを「DF-セラミド」と名付け研究を行いました。

2

肌への作用メカニズム

うるおいを逃がさない「3段階バリア」
ポイントは、”もともと肌に存在するうるおいを保つ力”です。グルコシルセラミドは肌自らの力に働きかけ、うるおいが逃げるのを3段階で防ぐことが期待できます。

Image

細胞間にすき間が空いて、
うるおいが逃げていく状態

Image

  1. 水分が逃げやすい
    最外層を強くする
  2. 肌表面の細胞の
    すき間をふさぐ
  3. 角層細胞の
    すき間をふさぐ
グルコシルセラミド摂取による、
水分蒸散量の変化
高純度なグルコシルセラミドを毎日摂取することによって肌の水分蒸散量が徐々に減り、3ヶ月後には”水分が逃げにくい肌”へと変化することを証明しました。

Image

出典
薬理と治療 2013,11(41),1051-1059より引用
対象者
乾燥などによる肌荒れを自覚している健常な成人男女133名
試験方法
米胚芽由来グルコシルセラミド1.8mgを含む食品を1日1包12週間摂取
測定項目
経表皮水分蒸散量(TEWL)※頬のデータを抜粋
群間比較
*p<0.05、**p<0.01、対象品を摂ったグループと比較して水分が逃げにくくなっていることが確認できました。

3

肌の見た目改善の効果

肌がうるおうことで見た目もきれいに
肌は乾燥するとバリア機能が低下し、赤み・小じわ・ひびわれなどの肌トラブルを引き起こします。バリア機能が改善し肌のうるおいを保つことで、見た目の改善にも繋がることが確認できました。

CASE 1

「額」の状態の変化

乾燥による横じわや毛穴が
目立たなくなり、ツヤ肌に。
  • Image

    Before

  • Image

    3ヶ月後

CASE 2

「頬」の状態の変化

赤みが薄くなり、肌全体に透明感が。
  • Image

    Before

  • Image

    3ヶ月後

CASE 3

「口元」の状態の変化

粉ふき、皮むけが改善し、メイクのりもよく。
  • Image

    Before

  • Image

    3ヶ月後

CASE 4

「ひじ」の状態の変化

粉ふきもなくなり、うるおいのある肌に。
  • Image

    Before

  • Image

    1ヶ月後

  • Image

    3ヶ月後

CASE 5

「すね」の状態の変化

赤み、粉ふきともに目立たなくなり、
なめらかに。
  • Image

    Before

  • Image

    1ヶ月後

  • Image

    3ヶ月後

CASE 6

「かかと」の状態の変化

ヒビ割れがほぼ消え、
見た目もなめらかに。
  • Image

    Before

  • Image

    1ヶ月後

  • Image

    3ヶ月後

体の内側から
肌に働きかける素材の研究で発見された
「米胚芽由来グルコシルセラミド」の力。
ポーラ化成工業では、
トクホ取得を目指した、
確かなエビデンスに基づいた
研究開発にも力を入れております。
Image
ページトップへ