トップページ > 開発 > 包材研究・開発 > 容器包材開発

開発

包材研究・開発

容器包材開発

お客さまに安心してご使用いただけるよう、常に「安全と使いやすさ」「内容物の保護」「環境配慮」にこだわった開発を行っています。

 

安全と使いやすさ

使用時や保管時に漏れないこと、落下などの衝撃で簡単に壊れないことなど、安全性に関して気密性や衝撃耐久に関する多数の社内基準を設け、繰り返し評価・試験を行っています。また、容器の持ちやすさ、蓋の開けやすさ、箱の開けやすさ・取り出しやすさなど、使用状態やお客さまの手の動きを考慮して、形状設計を行っています。そのほか、生産設備との整合や、配送時の衝撃や振動にも耐えられるように、容器や箱の形状の工夫も実施しています。

 

内容物を守るために

内容物を保護することは容器に課せられた最も重要な役割の一つです。
内容物を保護するため、個々の内容物剤型や配合原料に適した容器材料や容器形状・部材、色調などの選定を行っています。それらの選定には、内容物透過抑制、内容物反応、光劣化などについて社内基準を設けて選定を行っています。

 

環境への配慮

廃棄容器低減のため、リフィル容器を積極的に採用しています。
また、詰替容器でも、開封性や詰め替え性に優れた容器形状の検討、ジャー容器の詰め替え利便性の追求など、リフィルでも使用性に配慮した設計を行っています。

容器包材研究←Back  
サイトポリシー  |  個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ