トップページ > 新着一覧 > 技術関連

新着一覧

技術関連

2017.12.06
透明感と奥行き感のある、いきいきとした肌質感を再現できるファンデーションを開発
2017.12.01
日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」にてポーラ化成工業 執行役員の末延則子が「大賞」を受賞
2017.11.30
メラノサイトを活発に移動させシミ改善につなげる複合エキスを開発
2017.11.21
塗布後の感触向上と、多種多量の油の乳化を可能にした乳化剤を開発
2017.10.16
第24回国際化粧品技術者会連盟中間大会にて「予期せぬたるみ原因」について発表
2017.09.04
スキンケア化粧品の感触や見た目が、行動意識に影響を及ぼすことを発見
2017.08.21
アロニアベリーの冷え改善作用を新たに確認
2017.07.13
ポジティブな表情と気持ちに導く新機能製剤を開発
2017.07.12
「周りの人の人生に良い影響を与えそうな顔」を解析
2017.07.11
タルミの原因“「RC」成分減少”を改善するエキスを発見
2017.06.27
睡眠不足による肌あれの原因を解明
2017.05.31
第19回SCCJ優秀論文表彰において「最優秀論文賞」を受賞
2017.05.24
第116回日本皮膚科学会総会においてランチョンセミナーを共催
2017.05.22
祐天寺出土品の「白い粉」は鉛白ではなく炭酸カルシウムと解明
2017.05.10
“高保湿”と“さらさら感触”を両立した新ファンデーション製剤を開発
2017.05.09
角層バリア構造の性質を変え、有効成分を肌内部まで浸透させる新製剤を開発
2017.05.08
「ルミカン(ケラタン硫酸)」の光変換作用を発見
2017.04.18
肌に接触・浸透した大気汚染物質を排出するエキスを発見
2017.04.17
汗に触れると紫外線カット機能が向上する日焼け止め製剤を開発
2017.04.14
ポーラ化成工業、横浜研究所にて記念植樹を実施
2017.03.28
ポーラ化成工業が理化学研究所と共同研究契約を締結
2017.03.22
クリームの感触や見た目が、使う人の“気持ち”に及ぼす作用を確認
2017.02.13
表皮細胞にたまったメラニンを排出する素材を発見
2016.11.24
表情変化に伴い現れるエイジングサインを低減する化粧料を開発
2016.11.21
角層水分量が「肌の好不調実感」を左右することが判明
2016.10.24
第29回国際化粧品技術者会連盟世界大会にて6件の論文を発表します
2016.07.22
女性ホルモン、成長ホルモン受容体を増やすエキスを開発
2016.07.22
トウニンエキスに血管内皮細胞の接着を強化する作用を発見
2016.07.21
使用感と機能性に優れた水中油(O/W型)エマルションクリーム製剤を開発
2016.07.14
史上初!「シワを改善する」効能の医薬部外品の製造販売承認を取得
2016.07.13
新解明!頬の動きに潜むエイジングサイン
2016.05.25
肌の「自浄サイクル」が加齢とともに停滞することを発見
2016.05.24
濃密な「とろみ」の感触と、皮膚への高い「浸透性」を両立させた新感覚エッセンス製剤を開発
2016.05.18
紫外線カット機能が持続する油中水(W/O)型ファンデーション製剤を開発
2016.05.12
肌表面形態の質感を改善し、なめらかに見せるスキンケア製剤を開発
2016.05.11
皮脂由来の遊離脂肪酸がシミ発生の原因になる可能性を発見
2016.02.09
メラニンのため込みを防ぐ素材「ベニバナエキス」を発見
2015.12.08
第28回日本動物実験代替法学会にて研究成果を発表
2015.11.30
日本化粧品技術者会研究討論会において「最優秀発表賞」を初受賞
2015.11.27
"たるみ"や"ほうれい線"の目立ちにくさにつながるエキスを発見
2015.11.24
見た目の年齢を左右するのは顔の向きや皮膚の動き
2015.11.17
日光の近赤外線が肌に与える新たな悪影響を発見
2015.09.24
権威ある化粧品技術者学会で「最優秀賞」を連続受賞
2015.09.15
B.Aリサーチセンター開設記念 最先端シンポジウムを開催
2015.09.14
第23回国際化粧品技術者会連盟中間大会にて2件の論文を発表します
2015.08.24
ルイボスエキスに、リンパ管内皮細胞の接着機能向上を確認
2015.07.16
美しい仕上がりとみずみずしい感触を両立した油中水(W/O)型ファンデーション製剤を開発
2015.07.02
油分を用いずに乳液のような「海島構造」化粧膜を形成させる製剤技術を開発
2015.07.01
損傷したDNAを回復させ、肌の酵素活性を保つ素材を発見
2015.06.11
"できたシミを消す"新しいシミ改善技術へのアプローチ
2015.06.03
化粧品技術者会「第18回SCCJ優秀論文表彰」にて最優秀、優秀論文賞をダブル受賞
2015.05.21
「生命美」を追求する『B.Aリサーチセンター』発足
2015.05.20
「選択洗浄クレンジング技術 」を開発
2015.05.20
洗顔後の「肌の乾燥、つっぱりを予防する」洗顔料を開発
2015.05.20
有効成分の浸透性を高める製剤技術を開発
2015.05.20
角層細胞間脂質の密度を高めることで「肌の弾力性を回復する」製剤技術を開発
2015.05.20
浸透性を高めた新たな多層エマルションクリーム製剤を開発
2015.05.19
肌新生の鍵を握る糖たんぱく質「バーシカン」を産むエキス開発に成功
2015.04.30
「毛穴が目立つメカニズム」に関する論文が専門学会誌の2014年度年間ダウンロード数でトップ5入り
2015.04.23
第12回アジア化粧品技術者会研究発表会(ASCS)にて、2件の論文を発表します
2015.03.09
縄文人はシミのリスクが高い肌であった可能性が判明
2015.02.10
多くの女性が悩んでいる「月経前のニキビ悪化」のメカニズムを解明
2015.01.27
新剤型の泡状乳液でストレスリセット効果を実現
2014.12.09
日本動物実験代替法学会第27回大会で優秀ポスター賞受賞
2014.11.26
メロン抽出物にシミの発生を抑制する効果があることを発見
2014.11.25
頑固なシミ「過脂化メラニンキャップ」の解決策を開発
2014.11.21
表皮の最も奥にある細胞に「浸透して留まる」製剤技術を開発
2014.10.31
ポーラ化成研究員が「第28回国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)世界大会」で『最優秀賞』を獲得
2014.10.24
肌の色調やシミ等に関係するメラニン集合体に着目、その構造をコントロールできる因子を発見
2014.10.20
第28回国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)世界大会にて、5件の論文を発表します
2014.09.30
ファーストネームでの呼びかけがオキシトシンホルモンに影響を及ぼす事を発見
2014.08.13
湿式パウダーファンデーションの新規製法を開発
2014.08.07
目元の肌状態と角層中の酵素活性の高さに相関性を発見
2014.07.02
ストレスにより放出される神経伝達物質「サブスタンスP」が真皮のコラーゲンを減少させることを発見
2014.07.02
フルーティフローラル調の香りが人の感情に与える影響を実証
2014.03.17
表皮の基底にある細胞層への有用素材輸送に適した製剤を開発
2014.03.14
肌の表面画像から、皮膚内部の構造を簡便に推定する方法を開発
2014.03.13
真皮乳頭構造(基底層凹凸構造)が、肌の色ムラや弾力低下に関与することを発見
2013.11.28
肌の見た目の美しさと角層中の酵素活性の高さに関係性があることを発見
2013.11.27
表皮細胞の裏打ち構造「KIF」の悪化が肌の明るさに関与していることを解明
2013.11.20
『シャクヤクエキス』に"近赤外線"による真皮コラーゲン構造のダメージ抑制効果を発見
2013.11.20
近赤外線をカットし、白浮きや乾燥感も少ない化粧品の新処方を開発
2013.10.28
『党参抽出物加水分解液』に核の変形を抑制する効果を発見
『ボタンエキス』に核の変形による"真皮成分の分解"を抑制する効果を発見
2013.09.24
ルイボスに毛細血管の機能改善による皮膚美容効果を確認
2013.08.26
見た目の若さと身体機能の高さに相関関係を確認
2013.06.25
ポーラ化成工業が化粧品基材の持つ肌改善効果をデータで解明
2013.06.24
世界的照明家・豊久将三氏との共同研究により美しく見える素肌の光特性を発見
2013.06.24
「オートファジーサイクル」の改善効果を持つ『アマチャエキス』を開発
2013.04.17
「メラノサイト移動誘導因子」の産生促進効果を持つ『加水分解黒米エキス』を開発
2013.04.17
毛乳頭のコラーゲン産生を促進するパウダルコ樹皮抽出エキスを開発
2013.02.20
低ナトリウムイオン状態ではコラーゲン繊維の配向が低下することを発見
2013.01.30
ダイエットしながら肌のバリア機能アップを実現
2012.11.20
シミに関する新たなメカニズムを解明-No.2:インテグリンとメラニン蓄積
2012.11.20
シミに関する新たなメカニズムを解明-No.1:過脂化メラニン
2012.11.20
インドで生育する樹木のエキス「ブランノール®」に新たな美白機能を発見
2012.11.19
アロニアベリーの皮下脂肪低減作用を確認
2012.10.19
ポーラ化成研究員が「第27回国際化粧品技術者連盟(IFSCC)世界大会」でポスター発表部門最優秀賞を受賞
2012.10.09
第27回国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)世界大会にて、3件の論文を発表します
2012.07.27
ウドに体表温度の低下抑制作用を発見
2012.06.14
北海道岩見沢市特産「スカーレットイワミザワ」から香りを抽出
2012.05.31
ポーラオリジナルエキス「ゴールデンニーム」を開発
2012.03.23
中国政府より化粧品新原料承認取得
サイトポリシー  |  個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ