仲間とともに高め合い
美白のスペシャリストに

先輩社員インタビュー

肌科学研究部 皮膚科学研究室 佐々 祥子

先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 2010年入社

Culture

社風について

まごころの詰まった
製品開発が行える場所

「人」を就職活動の軸にしていた私にとって、ともに高め合える仲間の存在は非常に大きかったです。
私たちの頃は、採用選考の中にアセスメントがありました。グループディスカッションなど、ともに厳しい選考を乗り越えた仲間と出会えたことで、私もこの会社で一緒に頑張っていきたいと決意を固めることができました。

また、メーカーの研究員を目指し始めた頃から、元気がなかったり悩みを持っている方に笑顔をプレゼントできるような、勇気が湧いてくるような製品開発に携わりたいと思っていました。
そんなとき、グループ会社である(株)ポーラの創業者が、「妻の手荒れを治したい」という想いからクリームをつくったことを知り、「ここでまごころの詰まった製品開発がしたい」と思ったことも入社を決意した大きな要因でした。

Image

手を挙げる者を歓迎し、
成長の機会を提供してくれる

仕事もプライベートも真剣に楽しむ。これが入社後のポーラ化成工業の印象です。
研究というフィールドにおいて、若手、ベテラン関係なく熱くディスカッションが交わせるフェアな環境であること、手を挙げる者を歓迎し、成長の機会を提供してもらえることは、ポーラ化成工業の大きな特長だと考えています。年代限らず仲が良く、何でも相談できる環境は、楽しく仕事を進めることができる重要な要素になっています。

また、活用度の高いフレックス制度や、特に横浜研究所に多い社内部活動(サッカー、HIPHOPダンス、ガーデニングなどなど)で、プライベートを充実させている人も多く、人として魅力に溢れた、目標としたい同僚や先輩がたくさんいます。

Work

仕事について

プロジェクトを完遂した経験が、
自分を成長させてくれた

入社一年目から参加していた一大プロジェクトである、機能性素材の開発が無事完遂できたときは大きな達成感を得ることができました。大学時代、今とは全く異なる分野を研究していた私にとって、すべてがゼロからのスタートであり、毎日が勉強の繰り返しでした。

私はメカニズムの解明を担当していたのですが、「仮説検討に必要十分な科学的妥当性の高いデータを得る」という使命を果たすため、リーダーやメンバーとのディスカッションを重ねながら、がむしゃらに任務を遂行していました。今まで社内にはなかった評価系(有効性を評価する方法)を導入するまでは、前例がない分経験者もおらず、決して平坦な道のりではありませんでしたが、周囲の協力を得ながら目標が達成でき、とても貴重な経験ができたと思っています。

この経験を最大限に活かして、今後は自分がプロジェクトのリーダーとなり、会社を躍進させていきたいと考えています。

Image

新しい美白理論を創出し、
世界に向けて発信していきたい

私の目標は、美白有効成分開発のスペシャリストになることです。
一つの有効成分に対し、多面的にアプローチしていくことで、いろいろな顔を持つ極上の素材に育てていきたいと考えています。
メーカーの研究員の醍醐味の一つは、自分の研究結果が製品というカタチになることだと思います。私はメーカーの研究員となり、薬効薬理のスペシャリストとして「知られざる皮膚生理メカニズム」を見出すことで、化粧品分野における新しい概念を創っていきたい、そして美白作用をもれなく評価できる新たなスクリーニング系の構築や新規美白理論を創出し、国際学会等で世界に向けて発信していきたいと考えています。

「美白=ポーラ化成工業」という概念を、日本のみならず世界の共通認識として根付かせることが私の夢。そのために今は、目標としている先輩から刺激をもらいながら、学会や論文情報を通じて最先端の技術・知識習得を行っています。自ら積極的に「外」に働きかけることで、会社の活性化因子になりたいと考えています。

Schedule

ある日のスケジュール

Image
8:30
メールチェック 1日のスケジュールと実験計画確認
9:00
実験
11:00
上司と面談・デスクワーク

半期に一度の上司との面談。自分の成長していきたい方向や、挑戦してみたいことなどを相談し、業務内容に反映させる。

12:00
昼休み
12:45
メールチェック
午後の実験計画確認

13:00
実験
15:00
チームミーティング

実験結果をもとに、メンバーとディスカッション。
いろいろなアドバイスをもらうことで、研究の質を高める。

17:00
デスクワーク
翌日のスケジュール確認

1日のまとめと、翌日のスケジュール、実験計画を立てる。
目標への最短ルートを外さないためにも、1日を振り返る時間は必要。

ページトップへ