専門性を最大限に活かし、
新しい価値を提案したい

先輩社員インタビュー

生産技術部 包材設計センター 市川 達也

工学研究科 機械工学専攻 2012年入社

Culture

社風について

活躍できるフィールドが大きい
チャレンジ精神旺盛な企業

設備や包装材料の自社開発に携われるということ。化学系が多い化粧品会社の中で、自分の持つ機械系という専門性を最大限に活用できると考えられたこと。活躍できるフィールドが非常に幅広く、数多くあると感じたこと。会社説明会で話を聞く中で、会社としての歴史が長く、だからこそ多くの技術やノウハウが蓄積され、さらに新しい技術にも常に関心を持ち続けるチャレンジ精神旺盛な企業であることなどが強く印象に残っていました。

そんな中で一番の決め手となったのは、化粧品の容器設計において、私が学生時代にロボットを設計するにあたり用いていた3D-CADを新しい技術として導入することを検討しているという話を聞いたことです。この会社ならば自分の経験を活かすことができ、また「化粧品」という新しい分野にチャレンジできると考えたことが大きな決め手となりました。「化粧品」というモノづくりを通じて、自分自身が幅広い範囲で携わることのできるポーラ化成工業であれば、一つの分野に捉われず大きく成長できると確信しました。

Image

さまざまなプロフェッショナルたちの
強いこだわりが価値をつなぐ

ポーラ化成工業は、基礎研究・処方開発・設備・包材設計・生産をグループの中で担っており、それぞれのプロフェッショナルのこだわりが一つひとつの製品に反映されていきます。弊社では「バリューチェーン」と呼んでいますが、それぞれの専門家が価値をつないでいくことが大きな強みとなっています。
新製品の作り込みの際は、研究から生産まで一丸となって課題を解決していくため、非常に部署間の結びつきが強い企業だと思っています。たとえば新しい形状の容器設計にチャレンジする場合、設計部署のみならず、設備担当、工程担当まで、関わり合いのある部署が一緒の目標を共有し、実現のための検討を重ねていきます。

そんな企業ですから、仕事のみならずプライベートでの交流も盛んです。食事に行くなどはもちろん、部署内でグループをつくって駅伝大会に出場したこともあります。男女半々の割合で歳の離れた先輩もいらっしゃいますが、何かあったときには気軽に相談でき、またお互いに声を掛け合うことのできる環境や風土があると感じています。

Work

仕事について

自分のこだわりを反映した
商品が発売される喜び

包材設計センターという部署に所属しており、化粧品容器、セット箱から梱包資材まで、パッケージ全般の設計を行っています。
化粧品の包材をつくり込むにあたっては、商品企画やデザインといった商品の上流から、内容物整合、設備整合、生産性、お客さまの使用性まで広く関わります。

工業製品として機能を満たすだけでなく、デザイン性や使用性といった感性に訴える部分も考慮して設計するところが大きな特徴です。例えば化粧水の容器であれば、持ちやすい大きさ、キャップの開閉しやすさ、落下強度、内容物残量まで考慮した設計を行います。
自分の担当品では、ここは仕様性を守りたいなど自分のこだわりを反映して作り込むことができ、さらにそれがモノとして残ることに喜びを感じます。自分が手掛けた商品が実際に発売されると店舗へのぞきに行くこともありますが、とてもワクワクします。

Image

世界中を驚かせるような、
新しい包材開発をしていきたい

私のいる部署は、3D-CADや3Dプリンターを導入し、今までとは相違する新しいアプローチでのチャレンジを続けています。3D‐CADで図面を描いて3Dプリンターで試作品を製作できるようになったため、従来の試験や評価がコンピューター上で実行でき、また、その使用性も模型を使用しスピーディーに確認できるようになりました。紙の上でのスケッチではこれまでの経験からNGと言われるような形状でも、これらのツールを使うことで本当にNGなのか否かをシミュレーション上である程度検証することができ、これまで不可能だと思われていたことにチャレンジできる可能性が広がりました。

今後はこの技術をさらに深め、今まで実現が困難であったデザインを再現し、市場に存在しない包材を開発するなど、世界中を驚かせるまったく新しいアイデアを数多く提案していきます。

Schedule

ある日のスケジュール

Image
8:30
メールチェック
9:00
会議資料作成
10:00
実験

容器の強度、印刷がはがれないか、表面の粗さなどを測定。

12:00
昼休み

部署の仲間と和気あいあいと社食で食事。社食には2パターンの定食と、うどん、そば、ラーメン、カレー、デザートなどがあります。この日の定食は、串カツ定食・麻婆豆腐定食。

13:00
新製品打ち合わせ
容器の図面検討のミーティング

ミーティングは多め。

14:00
量産立ち合い

生産現場へ。できあがりまでを確認。

16:00
報告書作成

部署内へ報告するため、データや進捗管理情報をまとめる。

ページトップへ