常に挑戦し続ける
チームを作っていく

先輩社員インタビュー

研究開発職 中谷 明弘

工学研究科 化学生物専攻 2010年入社

Culture

社風について

技術と真摯に向き合う
熱き技術者集団の一員に

選考前に、ホームページにある学会発表での受賞歴や特許の数、先輩社員のインタビューを拝見して抱いていた「非常に技術を大切にしている会社なのかな」という印象は、選考が進む中で「技術者集団でできている会社だからなのか」という“納得”に変わりました。選考中も技術に関する質問が多く、最終面接でも役員の方から研究の細かいところを聞かれ、「ちょっと興味があったから」と言われたのを今でも覚えています。
自分の仕事や研究の内容を、イキイキと熱量をもって話している先輩方の姿も印象的でしたし、説明会では「自分の作った商品で文化・習慣を作る」という壮大なことを本気で語る先輩に出会い、それまでモヤモヤと形にならなかった自分の中のやりたかったことを代弁してもらえた気がして、この人たちと働きたい!と強く思いました。

Image

個人の挑戦を歓迎して
まわりがサポートする風土

入社して驚いたのは、「無理」という言葉を先輩社員から聞かないことです。「仕事が好き」と言い切れる方が多くて、誰もが「どうやったら課題を解決できるか」を必死で考え、常に一つ高いところに挑戦しています。また、そういった高い目標に挑戦するチャンスを、若いうちから経験させてくれる会社でもあります。私も入社2年目にして大型スキンケアシリーズのリーダーを任せられました。知識も経験も少ない私でしたが、ベテランぞろいの年上のメンバーに見守られ、壁にぶつかりながらも全力で何とかやり遂げることができました。
また、同期たちの存在も大きいです。アセスメント選考で「この人たちには敵わない」とその優秀さに驚かされた彼らは今も尊敬する、切磋琢磨できる良きライバルです。各人その部署で大活躍しているメンバーばかりなので、相談したいときにはアドバイスをもらったり、刺激を受けたり、モチベーションを上げてもらっています。
個人の挑戦を歓迎し、まわりがそれをサポートする、そんな文化がポーラ化成工業には根付いています。

Work

仕事について

世界に本気で挑戦し、
その技術でお客さまに喜んでもらえること

現在担当しているのは、化粧品の感触や機能を決めるレシピを設計する仕事です。数千種類の化粧品原料の中からこだわり抜いた数十種類の原料を、その配合量と組み合わせで唯一無二の製品を作り上げていきます。配合量と組み合わせというのは非常に難しく、一つの原料が1%動いただけでもバランスが崩れてしまいます。中でも私が長年担当している日焼け止めでは、目標のSPFが出るかどうかだけでなく、目標とする感触の再現も目指します。2016年には、3年かけて作り上げた「海水で落ちず、海水に触れるとSPFが上がる日焼け止め」でIFSCCにも参加しました。偉大な先輩方の背中を追って世界一を目指し、日々データ、発表内容(ストーリー)を磨き上げましたが、残念ながら世界一には一歩届きませんでした。しかし、真剣かつ本気で世界一に挑戦する経験を得られたこと、そのような場を与えられたことに非常に感謝しています。また、この技術が市場のお客さまに認められ、雑誌のベストコスメを受賞したときの喜びはひとしおでした。

Image

挑戦し続けるチーム作りが目標
技術で文化・習慣を変えてみたい

「技術で文化・習慣を変える」。この夢は入社以来一度も変わっていません。仕事に対する情熱と、常に考え続けて見渡す視点を持ち、さらなる高みを目指す――そんなチームを作っていくことが今の私の目標です。
ポーラ化成工業には能力の高いメンバーがたくさんおり、全力で挑戦し、お互いにそれを支え合うという、いい風土があります。「お客さまにとっていいモノを作りたい」のその先へ、もう一段上の目標へ導いていく。それを受け継ぐメンバーたちが力を合わせ、いろいろな発想をつなぎ合わせることで、まだ世にない技術を生み出していきたいです。また、自分がそれに全力で挑む背中を見せていくことが大事なのだと思います。常に挑戦し続けるチームを作っていくこと。これが私の使命であり、これまでたくさん支えてもらった恩返しだと思っています。

Schedule

ある日のスケジュール

Image
8:30
メールチェック、1日のスケジュール確認
9:00
処方サンプルの作成

日焼け止めの処方を設計・作成。

11:30
作成した処方サンプルの性能評価

塗布した際の白浮きや感触、紫外線カット機能、耐水性を確認。

12:00
昼休み

昼食後、午前中に作成した日焼け止めを塗布し、実使用試験をしつつ、テニスを楽しむ。昼休みや休日には全力でスポーツに汗を流し、試合などにも積極的に出場している社員も多い。

13:00
打ち合わせ資料の準備

試験結果などをまとめて、打ち合わせに備える。

14:00
企画部門との打ち合わせ

企画やコンセプトをもとに、感触や機能が合致しているかを相談。

15:00
原料メーカーとの面談
15:30
新規処方の検討
17:00
メールチェックと1日のまとめ
ページトップへ