トップページ > 研究 > 研究成果 > 学会発表 > 2014年度 学会発表一覧

研究

研究成果

学会発表

学会発表一覧

| Back | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 |

2014年度 学会発表一覧

発表タイトル 学会名
月経周期におけるニキビ悪化と皮膚抗菌ペプチド hBD-3の関連性 IFSCC第28回パリ(フランス)大会
パウダー化粧品とスキンケアのハイブリッド IFSCC第28回パリ(フランス)大会
肌の輝きを想起させる製剤の開発 IFSCC第28回パリ(フランス)大会
核膜異常によるシワ形成メカニズム IFSCC第28回パリ(フランス)大会
メラニンキャップの消失に着目した新しい美白メカニズムの解明 IFSCC第28回パリ(フランス)大会
近赤外線の光老化作用およびシャクヤク抽出物の効果 日本薬学会第134年会
収縮的物理刺激による表皮細胞からの炎症性因子産生に関する研究 第39回日本香粧品学会
エステティック施術が及ぼす生体機能への影響 第74回SCCJ研究討論会
難水溶性物質の評価のための3T3 NRU 光毒性試験法の改良 9th World Congress on Alternatives and Animal Use in the Life Sciences(チェコ・プラハ)
色素細胞デンドライト形成におけるAdrenomedullinの役割 国際色素細胞学会(シンガポール)
顕微FT-IRを用いた化粧品塗布膜のケミカルイメージング(第二報) 日本分析化学会第63年会
シリコーンを油剤とする逆ミセル型クレンジング製剤に関する研究 第53回日本油化学会年会
クリーム石鹸の安定化におけるポリオールの影響 第53回日本油化学会年会
ハス胚芽エキスはNK-1Rの発現を低下させることにより、サブスタンスPによるヒト線維芽細胞の細胞外マトリクスの損傷を抑制する 第44回欧州研究皮膚科学会議(ESDR 2014)(デンマーク コペンハーゲン)
メロン抽出物のメラニンキャップ構造に着目した美白機能 第19回日本フードファクター学会
Adrenomedullinのメラノサイトデンドライト数増加に対する影響 第75回SCCJ研究討論会
in vitro皮膚感作性試験法SH testの再現性に関する検討 日本動物実験代替法学会27回大会
LLNA3種(感作性試験)ガイダンス作成のポイント 日本動物実験代替法学会27回大会
難水溶性物質のための3T3 NRU光毒性試験の改良(第二報) 日本動物実験代替法学会27回大会
ヒト皮膚線維芽細胞への物理刺激で亢進する核膜異常は、細胞の外部刺激に対する炎症反応を増悪する 日本研究皮膚科学会 第39回年次学術大会(大阪)
ファーストネーム呼び掛けによる唾液中オキシトシン濃度への影響 ヒューマンコミュニケーショングループ(HCG)シンポジウム2014
学会発表←Back  
サイトポリシー  |  個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ