トップページ > 研究 > 研究成果 > 学会発表 > 2015年度 学会発表一覧

研究

研究成果

学会発表

学会発表一覧

| Back | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 |

2015年度 学会発表一覧

発表タイトル 学会名
縄文人、アイヌ、現代日本人におけるMC1R遺伝子 Arg163Glnの分布 国際ゲノムミーティング(マレーシア)
シリコーンを油剤とした新規逆ミセルクレンジング製剤による高いメーク除去機能とスキンケア機能の両立 第12回アジア化粧品技術者会研究発表会(オーストラリア、ケアンズ)
PEG系界面活性剤フリー新規サンスクリーンの開発 第12回アジア化粧品技術者会研究発表会(オーストラリア、ケアンズ)
lncRNAの一種であるFLJ46906は、AP-1及びNF-κBとの結合を介して、老化関連タンパク質の発現量を変化させる 第74回米国研究皮膚科学会議(SID 2015) 米国アトランタ 
UVAとUVBは、それぞれ異なるlong non-coding RNAの発現を誘導する Non-Coding RNA: New Mechanisms and Approaches 2015 (米国 ボストン)
高分子の相分離現象を利用した規則的な海島構造の設計 第64回 高分子学会年次大会
ヒト皮膚線維芽細胞の核膜異常により外部刺激に対する細胞の感受性が変化する 第23回世界皮膚科学会議(WCD2015)
メラニンキャップ形成後のメラノソーム細胞内挙動の検討 第40回日本香粧品学会
縄文人はシミが多かった?~身体特徴からの考察~ 第76回SCCJ研究討論会
剤型の枠を超えた心地よい使用感を与える新しい設計戦略―肌上の化粧膜構造制御 第76回SCCJ研究討論会
UVAにより誘導される核膜異常は線維芽細胞の外部刺激に対する応答を変化させる 第16回 光老化研究会
顔の観察角度が年齢印象に及ぼす影響と年齢判断時の視線運動の分析 European Conference on Visual Perception2015
顔の皮膚の動きと観察角度が年齢印象に及ぼす影響 European Conference on Visual Perception2015
ルイボスによるリンパ管構造維持効果の検証 日本食品科学工学会 第62回大会
年齢印象に対する顔の動きと観察角度の影響 第20回日本顔学会大会
皮下組織内部の線維構造(retinacula cutis)に着目した、新たな“タルミ”のメカニズムの解明 IFSCC 2015 Conference チューリッヒ大会
加齢・性ホルモンの影響で起きる皮膚老化に関与する皮膚内プロテオグリカン・バーシカンの機能解明 IFSCC 2015 Conference チューリッヒ大会
リキッドルージュの容器変更による使用性の改善 第53回全日本包装技術研究大会
縄文人はシミが多かった? ~MC1R遺伝子解析からの考察~ 第26回日本色素細胞学会学術大会
顔の動きや観察角度が年齢印象に及ぼす影響 第77回SCCJ研究討論会
皮膚一次刺激性試験代替法ワーキンググループ検討経緯報告 日本動物実験代替法学会第28回大会
in vitro光アレルギー性評価における活性酸素クエンチャーの影響 日本動物実験代替法学会第28回大会
In vitro皮膚感作性試験SH testの技術移転性検討 日本動物実験代替法学会第28回大会
学会発表←Back  
サイトポリシー  |  個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ