トップページ > 研究 > 研究成果 > 研究論文 > 2011年度 研究論文一覧

研究

研究成果

研究論文

研究論文一覧

| Back | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 |

2011年度 研究論文一覧

発表タイトル 掲載先
Quantitative evaluation of patch test reactions: a comparison between visual grading and erythema index image analysis Skin Research and Technology 2011; 17: 220–225
Relevance of the directionality of skin elasticity to aging and sagging of the face Skin Research and Technology 2011; 17: 101–107
Dual Oxidase 1 Induced by Th2 Cytokines Promotes STAT6 Phosphorylation via Oxidative Inactivation of Protein Tyrosine Phosphatase 1B in Human Epidermal Keratinocytes The Journal of Immunology 2011 ; 186 ; 4762-4770
Nickel differentially regulates NFAT and NF-κB activation in T cell signaling Toxicology and Applied Pharmacology 254 (2011) 245–255
Inhibitory effects of 16-hydroxy-9-oxo-10E,12E,14E-octadecatrienoic acid (Corchorifatty acid B) isolated from Melissa officinalis Linné on melanogenesis. Experimental Dermatology 20 (2011) 420-424
Tight junction regulates epidermal calcium ion gradient and differentiation Biochemical and Biophysical Research Communications 406 (2011) 506–511
O/W/O型エマルションの化粧品への応用 日本化粧品技術者会誌 Vol.45 No.1 pp.3-8
視覚的ハリに関する検討 日本化粧品技術者会誌 Vol.45 No.3 pp.212-217
色素沈着特有のメカニズムに着目した美白エキス開発 FRAGRANCE JOURNAL 2011/5月号  No.371(Vol.39/No.5)
研究技術者の人材育成と研究テーマの進め方について FRAGRANCE JOURNAL 2011/10月号  No.376(Vol.39/No.10)
スキンケア化粧品の開発動向と進歩 FRAGRANCE JOURNAL 2011/12月号  No.378(Vol.39/No.12)
化粧品の簡便な肌評価ポイント  COSMETIC STAGE Vol.5 No.5 pp.5-9
抗糖化化粧品に向けた天然成分の評価と素材選定 COSMETIC STAGE Vol.5 No.7 pp.33-38
肌状態に影響を及ぼす内外要因の分析 COSMETIC STAGE Vol.5 No.8 pp.31-36
薬事法違反を未然に防ぐ方法 COSMETIC STAGE Vol.6 No.1 pp.27-31
毛穴目立ちのメカニズムとスキンケア creabeaux No.67 2011年7月号(vol.17/No.3) pp.2-6
角層のAGEs評価法とその応用 BIOINDUSTRY 8月号 pp.20-26
「知っておくべき皮膚の検査法」美容皮膚科領域における皮膚生理検査の実際 ~色素沈着・紅斑の計測~ 日本皮膚科学会雑誌 Vol 121 No 13 pp.2950-2952
研究論文←Back  
サイトポリシー  |  個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ